本文へ移動

社員ブログ

熱中症予防強化月間

2020-08-17
7月1日~8月31日は、熱中症予防強化月間になっています。
新型コロナウイルス感染防止のための「新しい生活様式」によって、マスク着用を余儀なくされていますが、マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調節がしづらくなり、熱中症のリスクが高まります。

そこで、環境省と厚生労働省より「熱中症予防」と「新しい生活様式」を両立させるためのポイントが通知されていますので、抜粋してお知らせいたします。
1.屋外で人と2m以上(十分な距離)離れている時は、熱中症を防ぐためにマスクをはずしましょう
  • マスク着用時
  • 激しい運動は避けましょう。
  • のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう。
  • 気温・湿度が高い時は特に注意しましょう。

2.暑さを避けましょう
  • 涼しい服装、日傘や帽子
  • 少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動
  • 涼しい屋内に入れなければ、外でも日陰へ

3.のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう
  • 1日あたり、1.2Lを目安に(ペットボトル500ml2.5本、コップ約6杯)。
  • 1時間ごとにコップ1杯。
  • 入浴前後や起床後もまずは水分補給を。
  • 大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに。

4.エアコン使用中もこまめに換気をしましょう(エアコンを止める必要はありません)
  • !!注意!! 一般的な家庭用エアコンは、室内の空気を循環させるだけで、換気はおこなっていません。
  • 窓とドアなど2か所を開ける。
  • 扇風機や換気扇を併用する。
  • 換気後はエアコンの温度をこまめに再設定。

5.暑さに備えた体づくりと日頃から健康管理をしましょう
  • 暑さに備え、暑くなり始めの時期から、無理のない範囲で適度に (「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度)。
  • 水分補給は忘れずに!
  • 毎朝など、定時の体温測定と健康チェック。
  • 体調が悪い時は、無理せず自宅で静養。

また、高齢者の方は、温湿度に対する感覚が弱くなるために、室内でも熱中症になることがあるようです。室内に温湿度計を置き、こまめに水分補給をすることを心掛けること、3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけが必要なようです。

また、当社でも、外部の方と接触する社員については、フェイスガードの着用を義務付けていましたが、濃厚接触に当たらないように、業務を行うことを前提に、この真夏の時期はフェイスガードの着用を中止し、熱中症予防に取り組むこととしました。

熱中症予防×コロナ感染防止でこの「新しい生活様式」の夏を健康に乗り切りましょう!!

出典:環境省熱中症予防情報サイト https://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_pr.php

新型コロナウィルス感染予防対策

2020-07-08
まず、新型コロナウィルスに感染されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

そして、感染を広げないために、感染者の情報を直ちに報告してくださっている、関係各所のみなさまにも心より感謝申し上げます。

さて、当社では、3月より、新型コロナウィルス感染防止対策として、全社員、出社時の手指消毒と体温測定を行い、荷受けの際も同様に、ドライバーさんにご協力いただき、手指消毒と体温測定を行い、荷受けをする社員はフェイスシールドを着用しています。また、飛沫による感染防止対策として、来客受付窓口にビニールを設置させていただいております。
なお、鹿児島県内での新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、新たな対策として、社外では、お客様との濃厚接触を避けるべく、訪問前後の手指消毒と常時マスクの着用に加えて、お客様に1m以内に近づく必要がある際は、フェイスシールドの着用を義務付けました。そして、社内では、全社員、常時マスクの着用を義務付け、対面式のデスクの間仕切りを設置し、感染予防対策を強化いたしました。
当社をご利用いただいているお客様には、新型コロナウィルスの重症化リスクの高い方が多く、また、そのような方々を支えるスタッフの皆さまとも密接な関係性がございます。そのため、当社社員は、「感染しない、感染させない」という高い意識と責任感をもって業務にあたっております。

しかし、新型コロナウィルスの感染力の強さは計り知れません。残念ながら、このような万全の対策をしても感染者が発生してしまったとき、関係各所に広めないようにするためにも、現在の感染予防対策に手を抜くことなく真摯に取り組んで参ります。

最後に、九州全域から進行し、岐阜・長野を襲っている集中豪雨では、各地で冠水、浸水、河川氾濫、土砂災害の被害が報道されています。これからも大雨の予報が続き、まだまだ、予断を許さない状況です。

避難指示や避難勧告に直ちに従い、命を守る行動をとりましょう!

被害にあわれたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

第33期期首全体会議

2020-06-17
新型コロナ感染予防対策として、少しでも「密」を避けるため、6月1日(月)と6月2日(火)、2日間に分けて、第33期期首全体会議が開催されました。また、今回より、鹿児島営業所と国分営業所の社員は、リモートでの参加となりました。

期首全体会議では、第32期の達成状況を確認し、第33期の経営計画の発表が行われました。
当社は「至誠天に通ず」という社是を掲げています。

至誠とは、純粋なまごころのことをいい、誠の心を尽くして行動すればいつかは必ず天に通じ認められるという意味になります。

このことを肝に銘じて、「お客様のために何ができるか、後輩に何を伝えるか」という気持ちを持ち続けながら、私たちが、これからの令和の歴史を作る主役になっていくという気概をもって第33期に臨みましょうという、当社社員の心構えを統一する場でもありました。

また、当社では、期ごとに「スローガン」と「テーマ」を掲げています。

第33期スローガンは「お客様の、視点に立ったサービスを!」

第33期テーマは「基本」基本を大切に、基本に忠実に

ということで、社員一丸となって、お客様の視点に立ったサービス、基本を大切にしたサービスをご提供したいと思っております。よろしくお願いいたします!!
※鹿屋のアジサイは見頃です

旅行はできない状況ですが、行楽気分だけでも味わっていただければ幸いです。

第32期が終わろうとしています。

2020-05-27
今月は、当社の決算月となっており、第32期が終わろうとしています。

当社の第32期のスローガンは「お客様へ、寄り添ったサービスを!」でした。

社長がいつも申しておりますのは、お客様あってのわたくしたちということです。

今期は、例年以上に、お客様に寄り添ったサービスをお届けできるように、社員一同、一丸となって励んでまいりました。

そんな中、今期の後半は、世界でも未曽有のパンデミックとなった、新型コロナウイルスに翻弄されてしまいましたが、当社を選んでくださるお客様、ご利用者様、ご家族の皆さまのご期待に沿えるよう、取引先との関係性を軸に、素早く情報を分析して、できるだけいつも通りの商品のご提供ができるように努めてまいりました。

一部商品で欠品を起こしてしまったことに関しては、ご心配とご迷惑をおかけすることになりました。申し訳ございませんでした。

あまり明るい話題がない、このような状況ですが、だからこそ、いつもと同じように、気持ちの良い挨拶を心掛け、感染症対策を万全にして、お客様やご利用者の皆さまに安心安全をお届けできるように、今後も取り組んでまいります。

そして、第32期にお世話になりました、すべてのみなさまに、この場を借りて、感謝申し上げます。ありがとうございました。

来期もどうぞ、よろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス~力を合わせて乗り越えましょう!!~

2020-04-10
 春爛漫のほがらかな季節を迎えたものの、その雰囲気とは対照的に、今、新型コロナウイルスの猛威はとどまることを知らず、人類史上、類を見ないほどの大規模のパンデミックを引き起こし、多くの命が失われ、不安や恐怖に満ちた世の中になっています。

 2020年4月7日、日本でもついに史上初の緊急事態宣言が発令されました。そして、鹿児島県でも4名の感染(2020年4月9日現在)が発生しております。「近くに発症している人はいないから大丈夫」ということはなく、目に見えない感染がどこから広がっていくかわかりません。

 当社では、「御得意先様への感染拡大防止、ご利用者様の生命、同僚従業者の生命、家族の生命、そして自分自身の生命を守る義務と責任がある」として、この長期に渡るであろう、新型コロナウイルス感染対策9つの事項について全社員に周知し、厳守してまいります。

 また、販売商品につきまして、残念ながら、入荷のめどが立たない商品もあり、お客様にご心配、ご迷惑をおかけしておりますが、その他の商品については、いつもと変わらず供給できるように、この地域の皆様に少しでも安心をお届けできるように、物流の確保に努めてまいります。

 一人一人が意識を高めて、感染予防に努め、感染拡大予防を徹底することが重要です。今の段階で、食い止められるように、力を合わせて乗り越えましょう!!

 下記に感染予防に関する情報をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。